パソコン修理・RAID復旧・RAID5復旧・データ復旧専門業者 エヌプラン 〈日本全国、早期対応、パソコンに関わる物ならどんな物でもお任せください!〉
N-PLAN
N-PAN N-PAN N-PAN N-PAN
パソコン修理、パソコン復旧、データ復旧、データ修理、ハードディスク交換、ハードディスク修理、のエヌプラン Home 会社概要 パソコン修理お申し込み
特定商取引法に基づく表示 サイトマップ お得なデータ復旧プラン  
 
よくある症状
一般的に質問の多いものを参考として掲載しております。
 デジカメのメモリーカードなどSDカード・XDカードなど dos mac
デジカメ,IC記憶カード,その他USBフラッシュメモリーなどのトラブルにも対応しています。  \12,000〜

コンパクトフラッシュ
SDカード
メモリースティック
メモリースティック
スマートメディア
ミニSDカード
XDカード
フラッシュメモリー
USBメモリー
その他
これらのメディアはあくまでも一例です

「フォーマットしますか」警告が出る

ディスクはフォーマットされていません

「今すぐフォーマットしますか?」と警告メッセージが出る。アクセスしようとするとフォーマットを要求されて中身を見ることが出来ないトラブルほかの媒体同様、ディスク(またはある特定のパーティション)に、これも多くはプラッター(ディスク)記録層の傷による管理領域の破損が原因です。論理障害に見えて実は物理的な損傷が原因ですので、お客様側で無理にデータを取ろうとしてかえって被害を悪化させてしまうことがほとんどです。
記憶管理情報に障害が発生している場合このような警告メッセージが出ることがあります。このようなトラブルの多くが弊社で高い復旧率を実現しております。諦めずまずは無料の初期診断からご利用くださいませ。


デジカメ画像をフォーマットしてしまった

デジカメ画像をカメラ側でフォーマットしてしまった、PCに繋ぎ、フォーマットしてしまった、カードリーダに通してPC上でフォーマットしてしまったなど、様々な形式でフォーマットしてしまった場合でも、その多くが弊社で高い復旧率を実現しております。諦めずまずは無料の初期診断からご利用くださいませ。


突然データが見れなくなった

様々な原因が考えられますが、その多くが記録層の管理情報を不具合が発生している可能性が高く、弊社の無料初期診断を利用することにより高い復旧率を実現しております。


コンパクトフラッシュが認識しない

コンパクトフラッシュカードが熱くなっていれば、コントローラICの障害である。コントローラICのみの障害であれば回収出来る可能性は高い。まずは無料の初期診断からご利用くださいませ。


カードリーダー内蔵プリンターに挿入したら読めなくなった

メモリーカードを直接差してプリントアウト出来る機器に挿入した以後、データが読めなくなった場合も、データ復旧の可能性は十分ありますので初期診断をご利用ください。

このページの上部へ


MO/PDパソコン修理・MO・PD dos mac

MOのトラブルでお困りのお客様も、当店で対応させていただきます。 \12,000〜


「フォーマットしますか」と警告が出る

エラー画面

[フォーマットしますか]と警告メッセージが表示されディスク内のデータが読めなくなる。論理フォーマット情報に不具合が発生していることが考えられます。その他様々な原因が考えられますが、その多くが弊社で高い復旧率を実現しております。諦めずまずは無料の初期診断からご利用くださいませ。

 

「ディスクを挿入してください」の警告が出る

エラー画面

「フォーマットしますか」同様、エラーメッセージは違いますが 様々な原因がもとでデータトラブルを起こしたディスクからも弊社では高い復旧率を実現しております。まずは無料の初期診断からご利用くださいませ。

 

「ファイルをコピーできません(巡回冗長検査(CRC)エラー)」の警告が出る

エラー画面

巡回冗長検査エラーのメッセージが表示されてコピーできない障害。記録層の傷などでメディアの管理情報を損傷している可能性が高く、アクセスエラーを起こしているので通電を続けると傷が広範囲に広がり、致命的な障害に発展する可能性があります。そうなる前に、まずは弊社の初期診断を利用することをおすすめいたします。

 

水没してしまったMOのデータ復旧

水没してしまったMOからも復旧出来る可能性は高いので、諦めず まずは弊社の初期診断を利用することをおすすめいたします。また、ドライヤーなどで乾かすと熱により歪んでしまい読めなくなってしまう可能性がありますので絶対に行わないで下さい。

 

 

ファイルまたはディレクトリが壊れている、データを読み取ることができない

エラー画面

こちらもディスク記録層の傷などでドライブの管理情報を損傷している可能性が高く、通電を続けると傷が広範囲に広がって、そうなる前に弊社の初期診断を利用することをおすすめいたします。
また、スキャンディスク・チェックディスク・ユーティリティーの実行は最悪の結果になる事がありますのでくれぐれもご注意下さい。

 

誤ってMOをフォーマットしてしまった

MOをフォーマットしてしまった場合。完全フォーマットは上書き消去されるため復旧は不可能ですが、クイックフォーマットの場合はindex部のみ消去されるため復旧可能場合がありますので、あきらめず弊社の初期診断ご利用下さい。

 

MOが突然読めなくなった

MOのシステムは、耐障害性の高いディスクと、光磁気記録ならではの、ディスク表面の汚れや、キズに対する耐性により、障害が加えられた時に突発的にデ−タが消失することがあります。 また、一般復旧ソフトを使ってもデータ復旧が出来なかった場合も諦めず、その多くが弊社で高い復旧率を実現しております。

物理的な障害がケース内のメディアそのものに加わった場合にも、データ復旧できる可能性が御座いますので、まずは無料の初期診断からご利用くださいませ。様々な原因がもとで障害を引き起こしたメディアからも、弊社では高い復旧率を実現しております。諦めずまずは無料の初期診断からご利用くださいませ。

データのトラブルでお困りのお客様は今すぐご連絡ください
オンライン  

お問い合わせ

 
お電話
フリーダイヤル0120-595-571
365日、24時間対応!
※時間外はフォームにてお待ちしています。
このページの上部へ
 
症状選択
  ハードディスク
  RAID,NAS,サーバー
  MO,PD
デジカメ,IC記憶カード
USBフラッシュメモリー
  フロッピー,ZIP
スーパーディスク
  CD-R/CD-RW
DVD±R/RW
  Excelファイル破損
  E-mailファイル破損
  その他のメディア
パソコン修理 ハードディスク交換修理
パソコン修理 作業料金表
パソコン修理 修理・復旧依頼送付状はこちら
パソコン修理 トラブル時の対処方法
パソコン修理 データ復旧までの流れ
パソコン修理 作業内容
パソコン修理 Q&A
よくある質問コーナー
パソコン修理 お申し込みフォーム
パソコン修理 お問い合わせフォーム
  リンク
  N-PLAN情報・関連会社
 
〒910-0006
福井市中央3丁目4-14 TBA BLD 3F
有限会社 豊洋
エヌプラン事業部
TEL:0776-27-5547
FAX:0776-27-5548
 
作業料金を確認する
作業料金表へ→
 
データ復旧・RAID復旧・RAID5復旧・パソコン修理のエヌプラン Topへ
 

HOME会社概要症状選択ハードディスクRAID,NAS,サーバーMO,PD,デジカメ,IC記憶カード,USBフラッシュメモリー
フロッピー,ZIP,スーパーディスクCD-R/CD-RW,DVD±R/DVD±RWExcelファイル破損E-mailファイル破損その他のメディア
ハードディスク交換修理作業料金表修理・復旧依頼送付状トラブル時の対処法データ復旧までの流れ作業内容
Q&A/よくある質問コーナーお申し込みフォームお問い合わせフォーム特定商取引法に基づく表記相互リンク

Copyright(C) 2016 パソコン修理・RAID復旧・RAID5復旧・データ復旧 N-PLAN All Rights Reserved.