パソコン修理・RAID復旧・RAID5復旧・データ復旧専門業者 エヌプラン 〈日本全国、早期対応、パソコンに関わる物ならどんな物でもお任せください!〉
N-PLAN
N-PAN N-PAN N-PAN N-PAN
パソコン修理、パソコン復旧、データ復旧、データ修理、ハードディスク交換、ハードディスク修理、のエヌプラン Home 会社概要 パソコン修理お申し込み
特定商取引法に基づく表示 サイトマップ お得なデータ復旧プラン  
 
パソコンを壊さないための知識(壊れた!と感じたらすぐにパソコン修理のご相談を)
パソコンというものは使い方を一つ間違えただけで大きなトラブルへと繋がります。だからパソコン知識はすごく大切なものなのです。
 

パソコン修理・RAID復旧・RAID5復旧・データ復旧専門業者 エヌプラン

パソコンが壊れる原因は数多く存在します。壊れた際のパソコン修理はエヌプランにお任せ下さい!
 
パソコン修理、パソコン復旧、データ復旧、データ修理、ハードディスク交換、ハードディスク修理、のエヌプラン
 

パソコンは電源まわりが特に弱い

パソコンは電化製品なので、停電・雷など、突然電源が落ちることを非常に嫌います。起動しているときに(電源ランプが点灯している状態)、突然電源を落とされたり、ケーブルなどを抜かれたりした場合、ハード的にもソフト的にも壊れてしまい誤動作する可能性はかなり高いと言えます。 また、パソコンが一つの処理を行っている際に、「あれも!これも!」と次から次へと指示を与えて、フリーズ(パソコンの処理能力が追いつかず操作が効かない状態)を多発させ、電源スイッチを強制的に落とすようなことを繰り替えすと寿命は確実に縮まってしまいます。

 

使用環境により寿命が左右されます

ホコリの多い場所や、煙草を多く吸う場所での使用は確実にパソコンの寿命を縮めます。ハードディスクに煙草のヤニがついたり、パソコン内部にホコリがたまり続けると、誤動作を起こしてハードディスクなどが正常に起動しなくなることもあります。コーヒーなど飲み物をこぼされた場合も寿命は大きく縮み、最悪の場合買い替えるはめになることも考えられます。 電化製品なので水没などはとても危険な行動と考えられます。更に砂糖が多く含まれる物に関してはかなり致命的らしいです。更に、エアコンの噴出し口の下など、水がたれてくようなるところにパソコンを設置するなど、感電から大火災の原因になることなども考えられますので十分な注意が必要です。

 

ディスプレイの取り扱いに特に注意

パソコンの液晶画面(以下ディスプレイ)はとても高価な消耗品とされています。パソコン本体とディスプレイが別電源の場合は、必ずディスプレイの電源を毎回切るように心がけて下さい。現代のパソコンでは、「Windowsの終了」を行うと自動的にディスプレイも消えるように設定されていますが、ディスプレイ自体の電源が切られているわけではありません。画面は真っ黒になりますが、ディスプレイの電源はつきっぱなしですのでそこからの火災なども考えられます。ディスプレイは、ハードディスクと並ぶもっとも消耗の激しい部品なのです。不必要に電源をつけっぱなしにすると、寿命を大変短くします。如何なる場合においても、コンセントを抜いて下さい!・・・とまでは言いませんが電源を落とす事で損をすることは全くありません。逆に、電気代も節約され、万一の火災の原因もなくなり、ディスプレイの寿命も長くなるなど得をする事の方が多いのです。たったこれだけの作業をせずに後悔するより、日課にしてしまいパソコンを大切に使うよう心がけて行きましょう。

 
パソコン修理、パソコン復旧、データ復旧、データ修理、ハードディスク交換、ハードディスク修理、のエヌプラン
 

壊れる原因となる動作はしない

上記のことはまず行わないように心がけて下さい。その他、通常の電化製品と同じという事だけを常に念頭において使いましょう。正しい「電源の入れ方・切り方」を最初に確認して、ずっと守ること。電化製品の場合、電源関係が一番壊れやすいとも言われています。

 

電源のオン/オフはこまめに行う

基本的には、電源を入れるときは「周辺機器→本体」の順で!電源を落とすときはその逆で「本体→周辺機器」の順に行います。Windowsを終了させると、今のパソコンだと勝手に本体がオフになります。かなり前(Windows95の初期)のパソコンだと「電源を切る準備が出来ました」という表示だけなので、電源を切り忘れる事も多いようです。更に昔のパソコンになると、ディスプレイも本体と連動スイッチになってることが多いことなどから本体のスイッチだけ切れば全て消えるという物もあります。パソコンを初めて触る上で分からない事があったら、まずはマニュアルを読む!その他詳しい人に聞く!などして対処しましょう。他人のパソコンに触れるときなどは、自分のパソコン以上の注意が必要です。壊してからでは遅すぎる!パソコンがデスクトップのときは、「ディスプレイ→スピーカー→本体」という具合に、ハード構成によって電源の切り方が変わる場合もあります。外付けハード機器などがあれば、どの順番に切るかなど、知らない間に間違えてしまうことも多いので、事前に調べるなどして確認しておきましょう。
※ノートパソコンの場合、最初にレバーをスライドさせて「ディスプレイを開く」作業などが入ります。
 間違っても、力ずくで開けようとすると故障の原因に繋がりますので十分に注意して下さい。

 

古いパソコンをご使用の場合はMS-DOS知識

パソコンが古くMS-DOS環境でのパソコンの場合、dosを終了させたあと、必ず「stop」キーを押してください。「A:\>^C」と、表示されれば問題ありません。そのあとで電源を落とさないと、ハードディスクのアクセスアームがまだ収納されてない状態なので、ハード的な故障を招く要因になります。

 
パソコン修理、パソコン復旧、データ復旧、データ修理、ハードディスク交換、ハードディスク修理、のエヌプラン
 

必ず使えなくなる物も多く存在するのは仕方のない事

パソコンを操作する上で必要な部品や周辺機器などには消耗部品という物があり、一般的にはハードディスク・ディスプレイ・キーボードやマウス・フロッピーディスク・CD-ROM/DVD-ROM等のドライブ装置・電源ユニットなどが当てはまる。このような部品は、使えば使うほど壊れていく、寿命が必ずある部品で出来ていることが普通です。大切に使っていても、パソコンは5〜7年くらい、その他の機器(部品など)は使い方次第で故障や破損などが現れてきます。故障がなくても、性能面で劣るようになって、買い変える羽目に陥るので仕方のない物がほとんどです。使用ソフトなども多くなると、半分故障していても使うなど、会社・個人の使用など寿命は区々と言えるでしょう。

 
データのトラブルでお困りのお客様は今すぐご連絡ください
オンライン  

お問い合わせ

 
お電話
フリーダイヤル0120-595-571
365日、24時間対応!
※時間外はフォームにてお待ちしています。
このページの上部へ
 
症状選択
  ハードディスク
  RAID,NAS,サーバー
  MO,PD
デジカメ,IC記憶カード
USBフラッシュメモリー
  フロッピー,ZIP
スーパーディスク
  CD-R/CD-RW
DVD±R/RW
  Excelファイル破損
  E-mailファイル破損
  その他のメディア
パソコン修理 ハードディスク交換修理
パソコン修理 作業料金表
パソコン修理 修理・復旧依頼送付状はこちら
パソコン修理 トラブル時の対処方法
パソコン修理 データ復旧までの流れ
パソコン修理 作業内容
パソコン修理 Q&A
よくある質問コーナー
パソコン修理 お申し込みフォーム
パソコン修理 お問い合わせフォーム
  リンク
  N-PLAN情報・関連会社
 
〒910-0006
福井市中央3丁目4-14 TBA BLD 3F
有限会社 豊洋
エヌプラン事業部
TEL:0776-27-5547
FAX:0776-27-5548
 
作業料金を確認する
プライバシーマーク
作業料金表へ→
 
データ復旧・RAID復旧・RAID5復旧・パソコン修理のエヌプラン Topへ
 

HOME会社概要症状選択ハードディスクRAID,NAS,サーバーMO,PD,デジカメ,IC記憶カード,USBフラッシュメモリー
フロッピー,ZIP,スーパーディスクCD-R/CD-RW,DVD±R/DVD±RWExcelファイル破損E-mailファイル破損その他のメディア
ハードディスク交換修理作業料金表修理・復旧依頼送付状トラブル時の対処法データ復旧までの流れ作業内容
Q&A/よくある質問コーナーお申し込みフォームお問い合わせフォーム特定商取引法に基づく表記相互リンク

Copyright(C) 2016 パソコン修理・RAID復旧・RAID5復旧・データ復旧 N-PLAN All Rights Reserved.